SSブログ

同じ薬の種類と用途と量 [体]


クリスマス前の話です。

 

電話診療をしました。コロナ感染者が増えたためです。何度も話をしてる石なので電話診療でも安心して診察を受けることができました。

 

色々な薬を試した一年でした。ひどい副作用で、嘔吐、脱毛など、自分の事はおろか育児も出来ない状態が半日続いたり。子供が小さので半日でも母親が動けないのは大変です。

 

電話診療だったこの日(火曜日)は、いつもの薬局まで行くのも電車で行くことになるので、近所の薬局に、病院がファックスしてくれました。薬が間に合わないからです。書類(処方箋)が家に届いたら薬局に持っていくことになっていました。病院から再度お電話をいただいて、希望の薬局には在庫があるそうですから、いつでも行けます。と、ワザワザ連絡がありました。

 

二週間前も同じ処方でした。倦怠感などありましたが、体調は良くなり、私の心は前向きでした。薬剤師さんとも、ちょこちょこ話をして、他の科の薬の確認などしました。

 

帰ってきて、その日の晩から処方された薬を飲みます。初めての薬じゃないし、安心して、夕食後まで薬を確認することはありませんでした。

夕食後、薬を見ると、同じ薬の名前だけど違う病名が書かれた薬でした。長いカタカナを何度も見直して、同じだったのでそのまま服用して寝ました。

 

次の日の朝(水曜日)、なんだか体調が微妙でしたが、サンタ業が残っていたので、近所のショッピングモールへ行きました。なんだろう??コロナがよぎり二週間前の思い出すと、病院へ行く為に、人が多い街へ出かけていました。買う予定のないムトウのルイボスティーを飲んでみて香りを確認しました。大丈夫・・・匂いは感じる。でも、早く帰ろう。近所のショッピングモールは平日は空いてるのですが、もしコロナだったら・・・と。でも、明日の朝、子供が食べるパンは買わないとと、パンだけ買って、サンタ業は不完全でしたが終わらせて帰宅しました。

 

夕方、37度の熱・・・晩には38℃になってしまいました。今までの蕁麻疹の中で一番ひどかったです。地図のような模様で、赤く盛り上がって・・・数時間で消えては、違う所に出来て・・・の繰り返し。入院中の恐ろしい皮膚疾患を思い出してしまいます。

 

もしコロナだったら、娘と二人で暮らしていて、今、私一人で病院に行けな・・・子供が一人で留守番できる年齢じゃなし、持病もあるのでそのまま入院なんてなったら・・・と、怖くない、仕事中の主人に電話を掛けました。主人はどうするか考えると、電話を切り、上司や仕事仲間に話をして、その日の仕事を早く切り上げ、夜行バスに飛び乗って次の日の朝(木曜日)に帰ってきてくれました。本当は、木曜日に夜行バスに乗る予定だったんです。金曜日の25日を家族で過ごす為に休みを取ってくれていたんです。一日頑張れたかな?と私の葛藤もありましたが、娘の事も考えて主人に電話しました。

仕事していた時もですが・・・すっごいしんどいのに、39度まで熱が出たのに、いつものように夜に洗濯も干していました。お風呂場の窓を開けて、パンツなどの衣類だけその日に洗濯をし、朝は天気を見て、バスタオルやシーツ、マット類を洗う事にしてます。

 

次の朝、熱は下がっていたのです。子供の朝の準備だけして、私はリビングで寝ていました。子供を送り出し主人が帰ってきてホッとしました。でも、熱が高熱だったので気になり、町のコロナ相談センターに電話しました。症状を聞かれ、病気を聞かれ、ステロイドを服用してるか確認がありました。昨年はステロイドも服用しましたが、医師も処方しようか悩んでくれていました。ステロイドを服用していると、コロナにかかった場合重症化する可能性があるという説明がありました。医師は、私に小さい子供がいることを知っているので、悩んでくれていたのです。子供は元気でも感染していたり、運んだりするから・・・私の症状は良くなく、一旦早く炎症を抑えたかったので、ステロイドを処方することになりました。保健センター?との話で、かかりつけ医に電話をし、通常診療してください。とのことだった。理由は、熱以外の症状がないからだ。

 

かかりつけ医に電話をしてみた。看護師さんがすぐに変わって、

看護師さん「~さん、お薬を確認してもらいたいのですが、薬の所に(違う病名)と書いてありますか?」

わたし   「はい。書いてあります。成分は同じですよね?」

看護師さん「昨日薬局に確認したかったんですが、薬局が水曜日お休みだったんで、これから連絡してみます。連絡を待ってください。」

わたし   「はい・・・。」

しばらくして、薬局から連絡があり、薬を替えたいとのことでした。

 

私は、だんだん、薬のせいだと思い始めたのです。

処方した薬を、火曜日の晩から量を増やしたからです。

朝、熱が下がっているのは、夜の19時から翌朝7時まで、一番薬の服用間隔が長いから。

7時~12時

12時~19時

19時~翌朝7時

この三回に分けて服用しているけど、三番目が一番時間の間隔が長い・・・・・・

 

看護師にもう一度電話をして、相談しました。すると、電話診療に切り替えてくれました。

医師は、年末年始もあるので、今回の薬じゃなくても、何かあったら大変だし、休み明けまで、もう一つの薬を増やして朝晩服用し、そうするとその薬の在庫が減ると思うので、無くなる前に病院に電話し主治医に相談して下さ。(この日は主治医がいなかった。)

 

木曜日、疑惑の薬の服用をやめてから、熱も蕁麻疹もすっかりなくなりました。

 

年始は、電話診療になりました。

とりあえず、も一つの薬で落ち着いているので、あと残りの7週間は、ペンタサ最大量を処方できるらしく、処方してもらました。

なんとか、なんとか、食事にも気を付けて過ごせています。

次回から、どのような治療になるのかドキドキです。

今服用している薬は、長い期間この量を服用できないからです。 

まだまだ、落ち着かな日々が続きます。

 

昨年は、グズグズと炎症が続いてたので、ガン化が怖いです・・・

一生付き合う病気、仲良くなれたらいいんだけどな・・・

 

クリスマスは、予約してたケーキを、子供はパパと食べれました。去年のようにパパのいないクリスマスだと・・・

横で寝ているママの横で、ケーキを食べる子供・・・になっていました。

パパありがとう。

 

年末年始も、こんな世の中なので、家で過ごし、私は家から一歩も出ることがありませんでした。

来年は、家族三人で、パパと子供の好きなスキーが出来てるといな。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

最近の事 [体]

最近、ブログをアップしてませんでした。

日常生活で精いっぱいで。


娘のお世話は一番の優先事項ですので、それだけを精一杯出来ることをしていました。

娘ちゃんは、季節の変わり目はせき込むので、掃除もちゃんとしてあげないと。何より私の気持ちもスッキリさせるためには掃除片付けは欠かせません。食事洗濯はもちろんですが、娘と二人で暮らしているので、私が頑張らないと!


主人は、10月がとても忙しそうで、甘えるわけにもいかないです。本当にどうしようもなかったらSOSを出しますが、今は娘の協力もあり生活しているって感じです。


今日も、体調が気になったので病院へ相談。幸い病院はとても感じのいい看護師ばかりで助かって居ます。話を聞いてもらい判断してもらっただけでホッとします。来週火曜日が通院日なのでそれまで処方を少し変えて生活です。


私の親は、全く役に立ちません。初めからブログを読んでくださっている人はわかっていると思いますが、親の自覚が足りない人なんです。先日何気なく見ていたテレビが、両親の激しい喧嘩は逆代になります。子供の脳と心と、将来ストレスがあふれてしまいあらゆる病気になるんです。と、おっしゃっている人がいて、聞き流していたテレビの中の言葉が、なぜかそこだけ入ってきて、家事の手を停めてしまいました。


私の病気もストレスがかんけいしているようなんですよね。笑っちゃいます。


私の親は、子供がいるのに、自分の感情コントロールができず、表に出す人でした。父母、二人共ですよ。子供みたいでしょう?で子供は、同じように出来ず、我慢我慢・・・誰も私の事、弟の事の、本当の事なんて知らない家庭でした。子供にとっては地獄ですよね。家庭で落ち着けない、こことは動揺したまま。毎日、親の気持ちを察しようと必死。お嬢様の母は、人のせいにしてばかりの母、何もできない母、子供にすら甘える母。


今、芸能人の自殺者が多いですが、私は小学校5年、6年は、自殺することしか考えていませんでした。自分を肯定なんてとてもできず、勉強する一番必要な心は持ち合わせていませんでした。自分の未来なんてどうでもよかったし、何も考えられなかった。現実を逃避したい気分だった。でも、子供だから与えられた環境でどうしたらいいのかわからなかった・・・


なぜ死なずに済んだかって?私を育てた祖父母がいたからです。愛情いっぱい育ててくれたせいなんです。(笑)

だから、今の幸せがあるんです。


今でも、両親の考え方、言動は私にとって最大のストレスでしかありません。私の本当の性格や考えなんて知らないと思います。知ってもらいたいとも今は思いません。


今は、今ある主人と娘が大切なだけ。娘が健やかに、親だ焼かな家庭て、自分の将来の事を考えて、好きな事に取り組み、安心するすべてを肯定してくれる、産まれてきたことを肯定してくれる家庭で育ってほしいだけです。


来週、火曜日まで頑張るぞおお。

そして水曜日は会社の健康診断。

木曜日は朝の旗振りです。


がんばるぞおおお。

可愛い娘の笑顔が見たいから。





自殺する人の気持ちわかります。テレビで相談ダイヤルってあるでしょう?そこにかけられる人はいいけど、自殺する人って一瞬の行動の人もいるんだろうなって。日頃も時々考えるけど、常識も知っていて死なないって思ってる。でもふとした時に、一瞬の気持ちで・・・


でも、死んだら終わり!私は絶対死なない。死にたくない!と、やっと思えるようになったのだから。

体調不良が続くと、心身ともにやられるけど、私は死なない!(笑)


しかし、もう少し、親らしい、頼れる親がよかったなああ・・・がはは


娘の笑顔と寝顔が今の最高の癒しです。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

ほんと、谷あり山あり平地あり [体]

今週は、持病の病院でした。休校期間中は、オンライン診療だったので本当に助かりました。

まだまだ、コロナも無くなったわけじゃないし、かかりやすくかかったら重症化しやすい私はびくびくですが、通院でお出かけ。でもさ、お出かけも久しぶりでうれしい。(笑)まあ、なんとか出かけられるって感じだけど、外の空気を吸えました。


病状は、先生曰く、「今回の薬で、あれ?治った?って思えるほどおさまっててほしかったんだけどな。」

そう、芳しくない。ひどくなっているわけでもない。


という事で、薬をかえることになりました。


ホント谷あり山あり平地ありです。


一生付き合う病気、ボチボチいこかぁぁ。(関西弁のイントネーションでお願いします。)(笑)



今飲んでいる薬の中で、不眠もふくさようの一つだったなあと、眠くないなら無理して寝るのをやめました。

眠くなれば寝ればいいやと。全身の倦怠感だもあるそう。しんどくなったら休めばいいや。

主人のおかげで、仕事をしての治療じゃないし、ボチボチいこかぁぁ。少し自分の心を素直に受け止めて、自分の心を自分が守ろうと思います。


だいじょうぶだいじょうぶ。なんとななるよ。


ボチボチいこかぁぁ。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

病気とこころ [体]

思うようにコントロール出来ていない体調。スッキリ良くならない。


でもでも、休校中の悪かった体調よりはだいぶ良くなってきたように思う。ストレスも関係するって言うから、日常が少し戻ってきていい感じなのかな?と思ったり。


「病は気から」って言いますよね。「気から病」もあるかもなあと思います。


私の両親は、ずっと人に甘えて生きてきたような人間です。昔ですから若くして(それでも大学卒業してから)夫婦になって、昔の人って高校卒業して夫婦になった人も多いから、どっちかと言えば、早くはないい?そんななか、自分たちの事も二人で話し合って、人に迷惑かけないで頑張っていくというスタンスはなく、育児も祖母にまかせっきり、経済的にも頼って、多くの周りの人に甘えまくってました。


私は親からの愛情は、覚えていませんが、祖父母、周りの他の大人から愛情を沢山もらい育ちました。子供って、誰からでもいい近くの大人に愛情をいっぱい注いでもらったら、親じゃなくても育ちます。(笑)


しかし、物心ついたときから、私はシッカリしなと、誰にも甘えられない、頼ってはいけない。と、思い続けました。仲の悪い両親、私はなぜ産まれてきたのだろう、産まれてこなければ祖父母も苦労しなくて済んだのに。と物心ついたときから思いながら毎日を過ごしていました。自分自身の全否定ですね。そういう脳だと、勉強はできないらしいです。(笑)自己肯定できないと。(笑)だから、娘ちゃんには否定的な事は言いません。そのおかげか???明るい前向きな思考のように思います。


本やネットで見かけるのですが、両親の仲が悪かった家庭で育った子供は、人を察したり様子を観察するのがすごく長けているそうです。そりゃそうですよね。それが敏感すぎてストレスになるんだとか。相手の表情や言動で色々感じてしまうんですね。感じたくない、感じる必要のない事まで。だから疲れる。


主人は、穏やかな人で、喧嘩というより、喧嘩はプラスが少ない、建設的に話をしましょう。という考え方の人なので、私は落ち着いて過ごせたのです。そして一緒に色々決めていく事が出来たので結婚を決めました。


結婚、新生活、出産、育児、をしていくなかで、娘が二歳の時に主人の転勤で関西から関東へ。女性は出産後の自分の体の変化によって心も乱れていますし、朝晩もない育児で疲弊している中での引越しでした。(今思えばですが。)私が、親に頼れない、親にあったら精神不安定になる事を主人はよく理解しているので、育児に大変協力してくれました。仕事が忙しく午前様で帰ってくるのに、私の体調を気にしてくれたり、子供の様子を見て、私を寝かすために子供が起きていたらミルクを飲まして赤ちゃんと私を寝かしてくれました。朝は出勤前に、沐浴、絵本を読んであげたりしてくれて・・・あ、私はおっぱいがはってしまうので、赤ちゃんにあげるがあまり飲まないときは、主人が夜に飲ませたのかなあ。と思ったり。キッチンの哺乳瓶を見てぼおおおとそんなことも思った朝を覚えています。そんな中でも、昼間一人で子供と過ごしているとノイローゼ気味になったような気がします。でも、主人は優しく受け止めてくれていたように思います。私が、育児日誌を破ってしまっていたけど、大きな声で何かを言うわけでもなく、優しく寄り添っていました。


まあ、大変な事も夫婦で頑張って夫婦で新しい生活を楽しみながら一生懸命でした。


転勤、家族で引っ越しました。部屋も納得いく部屋でなく、引越業者もひどかった、新天地でのスタートもひどいものでした。その後も、地域の文化の近い?結構個性のある地域でしたし、主人の実家も車で行ける範囲でしたので、ショッチュウ顔をだしていました。全然違う考えの家でした。それを強要されるのがつらかった。そして、コミュニケーションの全く取れない家族だったのですごく疲れました。

そんな中でも、仲の良いママ友など会えたんです。いい出会いもあり、どんどん外に出て、ボランティアもして楽しんでいました。


けど、やっぱりストレスの許容範囲は超えて過ごしていたんだと思います。病気になり、そこからガタガタと・・・。去年の春からまた新しい生活、それ以来、ダラダラと調子が悪く、本調子になっていない。

調子が悪いのが続く中の休校、本当に大変だった。そして又、主人に助けられた。


今は、この家族が大切。自分の体も大切にしようと、初めて自分を思う事が出来た。ありがたい存在の主人と娘ちゃんなのです。心と体って本当につながっているなって感じます。だから、今の家族に感謝して頑張るぞ!



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

体と心 [体]

近頃ずっと体調が悪い。体調不良が長く続くと、心も沈んでしまう。そんな時に、子供を叱ったり、子供の粗相をみてイライラしてしまう。子供も理不尽に叱られたら納得がいかないから我慢しなくてはならない。体調悪いときは、体を動かすのもしんどい。だからといって、埃だらけの家にいると余計に沈んだりする。動ける時に少し掃除機をかけたりトイレ掃除をしたりするだけど気分が明るくなる。


この休校の期間、主人も在宅ワークだったために、ずっと家にいてくれた。娘の事を一生懸命やってくれたり、お掃除もしてくれたり、本当に助かった。私に頼れるシッカリした親がいたら主人も仕事に専念できるだろうに、申し訳ない気持ちになる。この前の金曜日も、主人が朝から掃除機をかけようとしてくれていた。朝は調子の悪い私だが動けないこともなかったので、私がやります。と言ったら主人は「別にいいよ。いる時くらい協力できるから。」と言ってくれた。「うん。でも少し動けるから運動もかねてやってみる。」と私が言うと。「そう?」と言って掃除機を渡してくれた。やっぱり掃除をすると気持ちがいい。体調不良で気分が沈んでいる時こそ、掃除だと思った。気持ちが前向きになれる。


食事は、平日は頑張って主人と娘ちゃんと食事の準備をする。しかし、洗い物をしてくれる主人。休日は、娘ちゃんとたこ焼きを作ったり、グラタンを作ったり楽しそうにキッチンで過ごしてくれている。ありがたい。

ブツブツ、嫌々やっているんじゃなくて、気が付くことをドンドンやってくれる二人。


早く、体調の負の波から逃れたい。

学校が始まれば落ち着くだろうか。

学校が始まれば主人も在宅ワークが終わるだろう。

感謝をもって送り出し、感謝をもって日常を過ごそう。

病は気から、誰にも頼れない不安が大きいけど、娘ちゃんとの日常を大切に一日一日過ごそう。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感